blog

気になること

2018年6月4日

最近のニュースでとても気になることがあります。

それは、「森友学園」の公文書改ざん問題、「加計学園」の疑惑、「日本大学」の悪質タックル問題です。

これらすべてが学校に関わることで大きな社会問題となっていますが、関係者たちは責任逃れの言い訳ばかりです。

特に気になるのは、学校がらみであるにも関わらず最も大切な「生徒」が置き去りにされてしまっていることです。

生徒たちへの配慮や教育者としての立場での発言は一切なく、このような人たちに教育を任せて本当に大丈夫なのだろうかと心配になってしまいます。

何よりも学校の主役である「生徒」のことを一番に考えて、お手本となるような問題解決を望みたいものです。

このままでは、まさに反面教師ではないでしょうか。

 

 

100マス計算

2018年5月30日

コピカでは、勉強前に5分間トレーニングとして、学習力強化と集中力を鍛えるために、読み書き計算や暗記練習を行っています。

いま、生徒たちが一番真剣に取り組んでいるのは「百マス計算」です。

なぜなら、四則計算の4種目合格するとポイントと賞品(文房具や理科実験キットなど)がゲットできるからです (^.^)/~~~

また、より難しい「割り算A」と「割り算B」を含めた6種目合格すると、ポイントと賞品に合わせて「賞状」ももらえます。

でも6種クリアはかなりハードルが高いようで、まだ3人しか合格できていません。

さあ、みんな4人目を目指してがんばろう!(^O^)/

 

梅雨入り

2018年5月29日

ジメジメする季節になってきました。

福岡もいよいよ梅雨入りです・・・。

今度の日曜日は小学校の運動会ですが、晴れると良いですね (笑)

でも、きれいに咲いたあじさいは、雨を喜んでいるようにも感じます !(^^)!

子どもたちのお楽しみは?(笑)

2018年5月24日

毎年、暑くなると子供たちのお楽しみがやってきます。

それは、冷蔵庫でキンキンに凍らせた「棒アイス」です。

今年も、色とりどりカラフルな棒アイスを用意しました。

これからの時期は、勉強が終わった後のお楽しみで、色々がんばって貯めたポイントを棒アイスに交換して、そのまんまガリガリ食べたり、お友達と半分こしたりと、美味しそうな顔がいっぱい溢れます。

今日は、なに味がいいかな?(笑)

私たちの使命は?

2018年5月23日

私たち学習塾の大きな使命は、「生徒の成績を上げること」ですが、それは決して最終目標ではなく、最も大切な役割は子どもたちを「幸せにすること」だと思っています。

塾に通ってくる子供たちは、勉強を頑張って難関校に進学したい子もいれば、実業高校に進学してスペシャリストを目指す子など、ひとり一人の目的は違っています。

勉強を頑張りながら、自分がやりたいことを見つけて、やりたいことができるように努力する、それが人生の幸せの出発点ではないかと思います。

たとえば、社会人になって仕事は楽しくないからマイナス1、プライベートは楽しいからプラス1だとしたら、合計ゼロの人生になってしまいます。

そうならないように、子どもたちには、自分がやりたい仕事に就いてプラス1で、合計プラス2の豊かな人生を歩んで欲しいと願っています。

そのためには、子どもたちがそれぞれ目標を実現する手段として学力を伸ばしたり、目標を見つけるためにいろいろなことを学ぶ手助けをすることが私たちの役割だと思います。

ですから、暗記中心の詰め込み教育ではなく、なぜそうなるのか、どうしたらいいのか、間違ったらなぜ間違ったのか、などを自分で考えられるよう自己教育力の養成を図りたいと考えています。

 

 

もうすぐ運動会(体育祭)♪

2018年5月23日

最近はみんなクタクタになって塾にきています。

運動会の練習で体育が多くて大変なようです(^^;

小学生は今週の土日の学校が多く、中学生は来週の日曜が

多いようですが

晴れて気持ちいい運動会(体育祭)ができるといいなぁ(^^♪

暗記の要諦は・・・

2018年5月19日

「暗記の要諦はspeed and repeatである。」

これは私の中学時代の恩師がいつも口を酸っぱくして言われていた言葉です。師によれば「1秒以内に即答できない物は受験においては役に立たない知識である」として常に即答できるまで暗記物を叩き込まれたものです。そのおかげで私は何十年もたった今でも、徳川15代はもちろんのこと足利15代まで即答できます。さすがに北条16代は必要性を感じないため覚えていませんが・・・

暗記が弱い子は覚えるのは一生懸命でも瞬時に思い出す訓練をしていないため、せっかく覚えたことを忘れてしまうようです。そして自分は覚えるのが苦手だと思ってしまう。これは非常にもったいないことです。

問題をやるときに「うーん」と思い出して正答できたものは「やった!覚えていた」と安心するのではなく、「パッと答えが出ないものは定着していない証拠」と考えて繰り返し思い出す訓練をする必要があります。思い出す訓練は別に机について行う必要はなく、お風呂に入っている時や床についたときに「三管領とは?」「斯波、畠山、細川」のように自問自答するのが効果的です。覚えること+思い出すこと、これの繰り返しにより記憶は定着していきます。

 

 

欧州情勢は複雑怪奇なり

2018年5月16日

本日の中3社会のテーマは第2次世界大戦。手始めにヨーロッパの国の名前と位置を確認。

その後各国の動きを時系列順に説明したのですが、なかなか1度では頭に入らないようでした。

「独ソ不可侵条約を結んでいたのに、最終的にソ連がドイツに勝ったと書いているのはなぜですか?」

「えっポーランド?!最初に攻められたのはフランスじゃないの?」

「大東亜共栄圏の思想ってうさんくさいね。こんなのに昔の人はだまされたの?」

「パリ占領?パリってどこ?」

「援蒋ルートの説明をもう一回お願いします。」

などなど。質問が多発しました。

まあ、日本の首相ですら、第2次世界大戦の直前に反共産主義を掲げてドイツとの関係を強めたにもかかわらず、突如、独ソ不可侵条約締結との報を受けた際に「欧州情勢は複雑怪奇」と言ったわけですから、戦時期の国際関係は生徒たちにとっては分かりにくいでしょう。

ただ、ともすればシーンと静まり返って反応がない授業になりがちですが、いろいろな意見が出たり、笑うべきところで笑ったりと生徒たちが興味を持って授業に参加していたように思います。

社会と理科は特に好奇心が必要な科目だといわれます。

人間には好き嫌いがありますので、特に嫌いだと思っている人に興味を持たせるのはなかなか難しいのですが、少しでも生徒の興味を掘り起こせるような授業を心がけたいと思います。

 

 

卒業生 パート2

2018年5月16日

多くの高校で定期テストが行われていますが、コピカの卒業生たちも続々とテスト勉強に来ています。

わからない所を空き時間の先生に聞いたり、お互いに教え合ったりして中々真剣に勉強しています(笑)

やはり、自分が志望して入学した高校だけあって、「絶対赤点取りたくない!!」と真剣に勉強している姿を見ると感動ものです。

こうして、卒業たちが我が家に帰ったかのように「ちわー!」って普通に勉強に来てくれるのは、本当にうれしいと思います。

今日も、「せんせー、またあしたも来るけん」って普通に帰っていきました(笑)

気を付けてね!

 

☆続々合格中☆

2018年5月16日

コピカでは、計算特訓をしています(o^―^o)

「よーーーい、はじめ!!」

と言われて、一斉にスタート。

初めは『00000・・・』とゼロの連続。

ぐっと集中力が高まり、黙々と!!

手に力をいっぱい入れて頑張っています(^▽^)/

昨日もたくさん自己ベストで目標タイムを合格することができました。

おめでとう☆彡

合格できなかった人も次回に向けてがんばろう!!